↑

大野行政書士事務所
相続税法の改正(平成27年1月1日~)

基礎控除の変更

基礎控除の金額が改正前の60%に減額

この減額により、改正前は相続税の対象とならなかった案件が、改正後には対象となるケースが増えてきました。
改正前の基礎控除の金額
5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)
改正後の基礎控除の金額
3,000万円+(600万円×法定相続人の数)
法定相続人が配偶者と子ふたりの場合の基礎控除額(例)
改正前改正後
8,000万円4,800万円

上の例で、相続財産が6,000万円であるとすると、改正前は相続税は発生しませんが、改正後には、合計で60万円(※税率表参照/配偶者の税額軽減後)の納税が必要になります。

税率の変更

税率の区分が6段階から8段階に変更

相続税の税率(控除額は省略)
法定相続分の取得額改正前改正後
1,000万円以下10%10%
1,000万円超~3,000万円以下15%15%
3,000万円超~5,000万円以下20%20%
5,000万円超~1億円以下30%30%
1億円超~2億円以下40%40%
2億円超~3億円以下40%45%
3億円超~6億円以下50%50%
6億円超~50%55%
新着情報
PDF・画像でお知らせ
大野行政書士事務所
あなたにも相続税が!?
遺産相続の流れ
成年後見人制度
行政書士におまかせ
オオノ不動産株式会社

トピック